アラフォー男子がエグゼクティブな「婚活バー」に行った結果

婚活バーー

どうも、@makです。
レンタル彼女出会い居酒屋TinderPairs … 数々の恋愛系サービスを使った @mak が今回向かったのはコチラ!

六本木にある「シングルスバー」!!!

聞けば、普通の出会い居酒屋とは違い、完全会員制で身元が確かな「エグゼクティブな人」のための婚活バーとか。
なんでも、会員制=恋愛に必要な「安心感」が最初から満たされているということが、人気の秘訣とか。

さすが日本を代表する夜の街、ギロッポン。
それではさっそく、行ってみます!!!

  1.いざ、入店

…の前に、まずは腹ごしらえ。
店内はホントに飲み物だけっぽいので、近くの中華屋で腹を満たします。
餃子うめー

もちろん、今回の戦いも、共に挑むは歴戦の戦士マスターシュンさん!!!
ホント毎回心強いっす!!!

というわけで、二人であらためて入店します。
ザッザッザッ(ドラクエ風)

場所は、六本木交差点から徒歩1分。
エレベーターを上がると、一気に重厚な雰囲気に。

事前に電話しておいたので、受付で名前を伝えると、そのまま奥の席に案内。
席は、対面のハイテーブル席とソファー席の2種類あるそーなんですが、マスターの事前情報によると、ソファー席のほうが圧倒的に良いらしーので、ここは迷わずソファー席を選択(+2,000円)

席に着くと、すぐおしぼりが。
いやーさすがエグゼクティブ、気が利くっす。
(紙のやつでしたがっ)

んでさっそく登録開始。
必要事項を紙に書いて、身分証明に免許証と名刺をチラリ。
メルアドを登録して、会員登録しゅーりょー!!!

ってここで衝撃の事実が。
初回は2時間制なのですが、この登録時間も2時間に入ってるとかいう衝撃宣言。

「マジすか!!!」

まー確かに「席に着いてから」2時間と言っていましたけれども!!!
んー…でもまーいっか、細かいことは。
そう、オトナな男は気にしないのさ、細かいことは。

というわけで、シングルスバー、スタートです!!!(ドキドキ)

15

  2.トーク開始

…の前に、ここでまずは、シングルスバーってやつの、ルール説明です。

この店では、30分1本勝負。
つまり、30分ごとに、相手が入れ替わる仕組みだとか。

しかも、会話中は「連絡先を交換し放題」
なので、もう時間中はバンバン連絡先聞いて、後から吟味するってのが王道戦術らしいです(おろそしい)

また、珍しいのは、ここでは席を移動するのは男性ではなく女性ってこと。
しかも荷物を持ったまま移動するので、仕事帰りの女性は、上着に荷物にけっこう大変そうでした。

それもあって、ハイテーブル席より少しでもゆったり座れるソファー席のほうが人気なんだとか。
なるほど、女性のために出すお金なら、全然ありですね。

あと、飲み物はもちろん飲み放題
ってことで、ファーストドリンクを注文して、いざトークスタート。

「こんにちはー」
「ってこんばんわの間違いでしたね、こんばんわー」

ってどーでもいー ” つかみ ” から入る @mak はさておき、あらためて周りを見ると、意外と男性少ないよーで。
しかも男はひとりで来てる人が多いのに対して、女性は2人で来てる人が多いっぽい感じ。

なので、二人で来てる女性が二手に分かれてひとりずつの男性に付き、また合流するなんて姿をよく見かけました。
こっちに来たときに「あー良かった合流できてー」なんて言ってたので、できれば男性も二人で行ったほうが、向こうも安心して会話できるかもしれないです。

あと、飲み物に意外と時間かかってたので、けっこう早め早めの注文が良さそーです。
なんせ移動したばかりの女性のお酒がなく、会話をはじめるきっかけの「かんぱーい」すらできないこともあったので!

ってそんな感じでわーわー言っているうちに、あっという間に2時間終了。
いやー、楽しい時間は、いつの時代も早いですね。

はたして、そんな2時間の結果は…

25c

  3.で、結局、どんな感じだったの!?

まーそう結果をせっつかないでください … と言いたいとこですが、まず結果を先に言っちゃうと、2時間で会話したのは合計「5組10人」、そのうちLINEをゲットしたのは「5人」でした。

はい、質問ある方!
はい、そこの青いガウチョパンツの人!

「30分ずつだと、2時間だと4組じゃないんですか?」

はい、いい質問ですね。
なんかその日は女性が男性よりかなり多いってことで、最後におまけで1組追加になりました。
ええ、違いますよ。決して「最初の説明時間は無効だ!」ってゴネたわけじゃないですから!
いえだからホントゴネてないですから!!!

はい、もう次の質問いきましょう。
はい、そこの黒いコンビネゾンの方!

「なんで全員のLINEゲットしなかったんですか?」

あーこれもいい質問ですね。
なんでゲットしたLINE数が奇数なのかも合わせて解説しちゃいます。

まず、しょーじき、LINE交換しよーかなーって思うタイミングは、大きく2つあるんです。
ひとつは、会話で盛り上がったとき。
もうひとつは、「時間です」って席を移るとき。

会話で盛り上がったときは、もうそのまま流れでLINE聞いちゃいますが、やっぱし問題は「時間です」って席を移るとき。
実は聞けなかった5名のうち2組4名は、会話終わった瞬間に「ありがとーございましたー」ってすぐに席を立って消えてった人たちなんです。

ほんと、スタッフが「時間です」って来た時の反応でわかっちゃいました。
「あ、これ無理なやつだ」って。

やっぱり聞けた人は、なんだかんだ少しでも名残を残してくれました。
それ見て「じゃあ良かったら」って切り出した感じです(その判断、0.00003秒)

19

で、残ったのは聞けなかった最後の1人。
それは、つまり奇数の謎。
それは、最後の組でのこと。

最後に来たのは、席に着いた途端、あきらかにまわりの空気を変えた二人。
来たのは、某企業の受付嬢。

(この気…ッッッ)
(少なく見積もっても、支配者級 ” クエストクラス ” …ッッッ)

今までゆるやかだったマスターの気が、開始5秒で一気に満ちていくのがわかりました。
すぐに持ち込まれた「一対一」

それは今までのタッグ戦とは明らかに違う戦い。
同じ席にして、テーブルを挟んだ先は、まるで異空間。

あっという間の30分。
戦い終わって手にしたのは、それぞれひとりずつのLINEだったというわけです。

「一対一ノ時ハ、互イノ戦イヲ侵スコト禁ズ」
のちにマスターが残した兵法書にも記されていた言葉です。

36

…ということで、終わってみると、だいたい半分の女性の連絡先をゲットした感じ。
正直、この30分交代ってスタイルがすっごく良く!!!

・コンパだと、当たりでもハズレでも2時間という制限
・婚活パーティーの5分回転寿司では、短すぎるというジレンマ
・相席居酒屋でも、変わるタイミングを外すと不毛な時間を過ごすという中

30分で8〜10人というのが、ある程度トークもできて、ある程度の人数に会うことができて。
なんか今までで一番バランス取れてる気がしました。

気になる女性の年齢は、実は意外と若く、アラフォー男子にはちょっと申し訳ないくらいかと。

・1組目:24歳&24歳 アパレル同期コンビ
・2組目:26歳&26歳 大学友達コンビ
・3組目:25歳&30歳 弁護士先輩後輩コンビ
・4組目:31歳&31歳 大学友達コンビ
・5組目:23歳&23歳 受付嬢同期コンビ

やっぱり会社の同期や大学からの友達コンビが多く、職業も弁護士から受付嬢までいろいろって感じでしたが…

若ぇよ!!!

「アラフォー男子は10歳下を狙うべき!」とか言ってた身だけど、20代前半は、さすがに若ぇよ!!!
アラフォー男子にゃもったいねーよ!!!
もっと…未来ある若ぇ男捕まえな。

肘ドン3

…と言って、自分のチキンぶりを正当化する、情けない軟弱男子でした。
ちゃんちゃん。

ホント、婚活バーおすすめです!!!
ご興味ある方はぜひ!!!

 

【検証】レンタル彼女は、どこまで彼女なのか。
顔だけで判断!アラフォー男子が出会い系アプリ「Tinder」を使った結果
アラフォー男子が歌舞伎町の相席居酒屋に行った結果
電車内で超絶美人に出会った時の対処法

うるんだ瞳!女性はハートを目で射抜く!
【年代別】男が結婚相手に求めるモノ
心理学を活用!?成功しやすい婚活パーティー7つ