アラフォー男子が歌舞伎町の相席居酒屋に行った結果

ファイル 2016-04-04 0 17 08

この時期、相席居酒屋には「就活帰りの女子大生」がいる!!!

そんな噂を聞きつけ、店の前に降り立つ男二人。
場所は東京「歌舞伎町」

時は平日。およそ22時。
いざ…潜入開始!!!

 人物紹介

・マスターシュン
スクリーンショット 2016-04-03 21.44.44
数少ない makのマスターのひとり。
優れた洞察力と深い知恵を持ち、男女限らず「もてなし術」に熟練している。

・オキタマコト
スクリーンショット 2016-04-03 21.46.03
通称 mak 。
よくハーフに間違えられる濃い顔族。
酒力:2のゴミ。

 

 潜入開始!

エレベーターが開いた瞬間、目に飛び込む受付。
黒服の女性が、声をかけてくる。

「いらっしゃいませ」

この店での戦いは、沖縄に続き2回目
会員登録をすすめてきたので、「会員です」と名乗り、そのまま奥へ。

指定された席に座るまでの間、ザッと店内を見渡す二人。

「マスター」
「あぁ、読みどおりだ。ここまではな。」

ぐるっと見渡すと、ポツポツ存在する「女性二人組」の客。
あとは、淡々と攻略するだけだ。

席に着き、案内されるまでの間、しばし喉を潤す。

「マスター、これなら今日は、本気出すまでもなさそうですね。」
「油断するな。お前の悪いクセだぞ。」

5分。
10分。

「…」
スクリーンショット 2016-04-03 21.44.44

(この空間…何かがおかしい…)

…その言葉のとおり、なぜかなかなか女性の席に案内されない二人。

(まさか…)

低い壁で仕切られた空間。
浮かんだ疑念を確認すべく、すぐに動いたマスター。

「少しトイレに行ってくる」

 

のん気にケータイで遊ぶ mak。
コトの重大さを把握するマスター。

「えらいことになった」
戻るなり、苦虫を噛むマスター。

「女性がいない」

「まさか!!!」
慌てて立ち上がるmak。

見ると、来た時に比べてスッカスカの空間。
すぐに黒服を呼び出す。

「すみません」
やけに張り付いた笑顔の黒服が、申し訳なさそうに言う。

「平日の早い時間は就活生が多いんですが、明日もあるせいか、帰るの早いんですよね」

(ぬかった…!!!)

後悔するも、あとの祭り。

黒服が続ける。
「OL風でなくてもよろしければ、ご案内できますが…」

顔を見合わせ、うなずく二人。
ここが、地獄の入り口だった。

 

 一組目

(エッロ!!!)

まず目に飛び込んだのは、ドッカーンと超絶破壊力の生足たち。

案内された席にいたのは、めっっっっっちゃスカートの短い女性。
しかも、とびきり美人の。

なんでこんな時間にこんな美女がっっっ!!!

って聞くと、どうやら春休み中の大学生
住まいも高田馬場だとか。

最近の大学生ってこんなにこんな…なんですね。
これは勉学どころじゃないっす。

てきとーな話で盛り上がった頃、切り出したのは、女性たち。
「ねー、この後どーすんの?」

時間はすでに午前0時。
これは…もしや…

一瞬の沈黙後、口を開いたのはマスター。
「あー俺たちおっさんなんで、もう帰りますー」

んんんんんんマジすかっっっ!!!
こんな上玉をっっっ!!!

速攻トイレに立ち上がる女子。
すぐさま席に来た黒服。

「すみません、女性の皆さま、席の移動お願いします」

 

…残された席で、マスターに問いかけるmak。
「なんでですか!?あんなきれーな女子たちを!?」

クイッとハイボールを飲むマスター。
「あれな、たぶん呼び込みや。」

「呼び込み?」

「あぁ、たぶんキャバクラかラウンジの呼びこみや。」

その言葉の数分後。
「きゃー」と言いながら、ひとりの男と共に、店を出るあの二人。

「どういうことっすか?」
と問うmak。

「実はな、俺のほーの子が言ってきたんや。」
「この後キャバクラ行きたいって。」

「へっ!?キャバクラ!??」

「そう。女子でキャバクラ行きたいっておかしいやろ。」
「やから、もう帰るって言ったんや。」

聞いたことがある。
相席居酒屋のおかげで、キャバクラの客が激減してると。

なるほど。
客が来ないなら、捕まえにいけばいい。
ここは、うってつけの場所だ。

「おそろしい場所ですね」

マスターがいなければどうなっていたか。
一筋の汗が背中を伝わった時、黒服が次の席を伝えにきた。

 

 二組目

「えー!!!ウケるーーーー!!!」

席に着くやいなや、爆笑する女性たち。
聞くと、相席居酒屋をハシゴして、ここは二軒目なんだとか。

「ちょっとーーー!!! もう知り合いに似てるからビックリしたーーー!!!」

ハイテンションは、止まらない。

「知り合いってどんな人っすか?」
一応聞いてみるmak。

「えーーー!!! 機関車トーマス!!!」

ぎゃははははは!!!
笑うもう一人の女性。

ドン引きのマスター。

「トーマス!!! あたしのどかわいた!!! ドンペリ!!! ロゼ!!!」

ぎゃははははは!!!
笑うもう一人の女性。

はぁ????
ドンペリ!?!!?!?!?!?

「お、もうこんな時間。」
「じゃ、終電なんでこれで。」
サッと席を立つマスター。

「ちょ!!!」
「自分も終電なんで、これで!!!」
サッと席を立つmak。

しかし、まわりこまれてしまった。

「えー!!! もー終電ないよー!!!」

ぎゃははははは!!!
笑うもう一人の女性。

「あー、バスバス、終バスの間違いだった!」
「そうそう、終バスなんで、またー!」

・心得その1:後ろから掴まれないよう、荷物はしっかり胸に抱えこむこと
・心得その2:愛想はいらない。後ろを振り返らず、弾丸のごとく入り口に向かうこと

 

…なんとか逃げ切れたことを確信し、入り口で黒服に金を払い、帰路につく二人。

「めちゃくちゃやな」
ボソリ言うマスター。

「ほんと、みっちりタカられるとこでした」
ホッと息をつくmak。

最初の就活生はどこへやら。
みっちり「歌舞伎町の洗礼」を受けた二人は、近くのラーメン屋に。

まだ冬の寒さを残す風が、二人を包みこんだ。

 

 総括

いやー、大変な目にあいました。
どうやら詳しい人に聞くと、就活生が多いエリアは「渋谷・恵比寿」方面、やっぱ平日の早い時間とか。
そしてあの時間の池袋や歌舞伎町は、夜の遊びに慣れた女子しかいないとか。

いやー、身をもって体験させていただきました。
やっぱ事前情報は絶対、そして正確なものが必要なよーですね。

しかし今回の二組。
私はダメでしたが、どちらも若くてかわいかったので、遊び好きな人にはいい場所なのかも。

まだまだ飲み会の多い時期、よろしければぜひ行ってみてくださいませー
tab

 

アラフォー男子がエグゼクティブな「婚活バー」に行った結果
【ガチで】スタバのかわいい店員と付き合うための方法3つ!
顔だけで判断!アラフォー男子が出会い系アプリ「Tinder」を使った結果

【検証】レンタル彼女は、どこまで彼女なのか。
電車内で超絶美人に出会った時の対処法