はじめての婚活パーティーで勝率を上げるには!

 

ほんの数回ですが、婚活パーティーに行ってみてやってしまった失敗例と、

勝率を上げるためにそこから実施した対策法をつらつらと。

19c

 

そもそも、アラフォー男子は 20〜30代とのハンデ戦 を強いられるので、

何かしらの 突出した魅力 を見せないと、なかなかカップリングが難しいです。

 

▼突出した魅力例

・お金(年収、職業)

・会話力

・見た目

 

それでも少しでも勝率を上げるために、

以下に挙げる「ありがちな失敗例と対策」を知っておくと有利です。

ちなみに、どの魅力もないよ!って人も、一回参加してみることをオススメします。

平凡なアラフォー男子がどれだけ人気がないか、

自分の市場価値を再認識する いいチャンスになりますので。

 

 

▼初心者が婚活パーティーでやりがちな失敗例とその対策

1.目当ての人の番号を覚えていなかった

何番?

パーティー内では名前やニックネームで呼び合いますが、

重要なマッチングは番号で管理される ことが多いので、

気に入った人の番号は、絶対に書き留めておいてください。

顔と名前がわかっても、番号がわからないとマッチングは絶望的です。

 

2.プロフィールカードに書くことがなかった

趣味?

趣味や特技なんて書き慣れてないとなかなか出てこないものですが、

無理矢理にでも何か書いたほうが良さそうです。

プロフィールカードは、「会話のきっかけ作り」のツール なので、

バカ正直な趣味ではなく「最近の話題」を書くと、話がスムーズに進められました。

空白が多い人を見ると「あんまり興味ないのかなー」と思ってしまったので、

必ず何か埋めたほうが良さそうです。

 

3.相手のことを何も聞けなかった

情報なし

緊張や興奮のあまり、ついしゃべり散らかしてしまった経験がありますが、

それだと結局、

何の情報もないままマッチング相手を選ぶことになる ので、

しゃべり散らかしたい気持ちをグッと抑えて、

相手の話を引き出したほうが良さそうです。

 

▼さらに勝率を上げる上級者テク

ちなみに、上級者テクとして、

運営にバレないよう、こっそり LINE ID をメモに書いて渡す とか

自己紹介の時に、絡先を書いた名刺を渡しちゃう とか

グレーな範囲でマッチング率を上げる猛者 もいたので、

婚活での出会いは難しいとは言いますが、

戦い方次第では、他を出し抜いて勝率を上げる 余地は、まだまだありそうです。

みなさまのご検討を、お祈りします!!!

19c