LINEスタンプの次にくるものは何か。

ゾロ02

「そこにはとてつもない財宝が眠る!」

まるで現代の大航海時代。
絵という世界において、腕に覚えのあるクリエイターがこぞって参加したLINEスタンプという名の大海。

結果、数十万を超えるスタンプ登録数となり、今や「素人が参加しても厳しい世界」となりました。

かくいう私も、流行りに乗ってLINEスタンプをつくったひとり。
いざ船を漕ぎはじめましたが、3つめ売りはじめた時点で気づいちゃいました。

「あ、これやべぇやつだ」

個人としては仕事の幅が広がったので、つくって良かったって結果ですが、一攫千金狙いの人にはツラい話。

一種のゴールドラッシュですね。
「金が出たぞ!」って聞いてツルハシ持って駆けつけた時には、すでに廃坑の嵐。

儲けたのは最初にはじめた人と、その周辺でホテルや酒場の経営、スコップ売ってた人って話。
ほんと、いつの世も歴史は繰り返すんだなって実感しました。

とすると、次に来るのは何なのか。

大量に発生したLINEスタンプクリエイターズはどこに行くのか。
考えてみました。

まず、調べてみたのは、スタンプで一攫千金したと噂の人たち。
森もり子さんとか、かなへいさんとか。

活動を追ってみると、やっぱし今でも絵の仕事をしていらっしゃる。
コラムにイラストにスタンプに。

お客様だけでなく、会社や企業からもお金をもらってるスタイルっすね。
すっげー正統派って感じっす。

他の人達も見てみましたが、みんな「自分のつくりたいものがあって、それに向かって進んでいる感じ」でした。
言い換えると、スタンプで活動の場は広がれども、基本がブレてないというか。

バブルに踊らされず、自分の軸をしっかり持ってないといけないってことっすね。
肝に銘じます。

脇道にそれたので、次は、スタンプで売れた人は、なんであんなに話題になったかってことに注目。

それには二通りあると思ってて、ひとつがもともと話題の人。
いわゆる「あの人も参戦!?」「あのキャラも!?」って感じのやつ。
まーこっちはそりゃー売れるわねーって感じ。

そしてもうひとつ。こっちが大事。
スタンプコミュニケーションに、新たな風を巻き起こした人。

「こんな使い方あるんだ」
「こんな発想、今までなかった」

この新しい切り口を提案した人たちが、いわゆる成功者と言われている人たち。
何より驚くのは、実は「画力が関係ない」ってこと。

あくまで考え方。切り口。

つまり、単なる初期参入者(むずかしい言葉でいうと、イノベーター層ってやつ?)ってだけでなく、そこで新たな使い方を提案したってこと。
これが一番の要因だと思っています。

今一部のブロガーの間で話題になってる note とかもそう。
一年前からサービス自体はあったけど、今話題になってるのは、あらためてその有用性を示したから。
新しい使い方を示してみせたから。

ってそれって何の商売でもおんなじなんすよね。

「新たな価値提案」

それができれば苦労はしねぇ!ってやつっすけど(笑)

というわけで、「自分のやりたいこと」「新たな価値提案」が満たせる場所。
それが、LINEスタンプクリエイターズの新天地だと考えています。

問題は、自分の作品で「価値提案できるか」ってこと。
LINEスタンプは、ただの絵をわかりやすく価値のあるもの(スタンプ)にしてくれたので、一気に参加者が増えました。

すでに価値がある人や、スタンプで新たなファンをつかんだ人の場合は、今後スタンプ以外の場でもファンに絵を提供することが、ひとつの答えになると思います。
Synapseとかnoteとかいろいろありますが、クリエイター関連では、「Enty」あたりが何やらおもしろそーな匂いです。

では、ファンが少ない人はどうか。

LINEスタンプのように、絵に価値をあたえてくれて、人まで集めて販売できる場まで用意してくれるサービスは世の中にそうそうありませんので、類似サービスの出現を待つか、もしくは、自分でそれらを用意するかでしょう。

・絵に価値をあたえる。
・人を集める。
・販売できる場を用意する。

…個人ですべてを満たすには、ハードルは高そうですね。

じゃあ、ひとつずつ満たしていくとすれば。
この中では、どれが一番大事なのか。

それはやはり、まずは、人を集めること。
どんな商売でも、まず「立地(集客)」が一番大事な要素ですので、個人メディアとしての成長が、一番大事っぽいです。

「なんだよ!かんたんに稼げる方法ないのかよ!」
という声が聞こえそうですが、商売は10人やったら9人は失敗する世界。

あのワンピースのメンバーですら、3DX→2Y。
マンガ内では一瞬でしたが、実は「2年間も修行してる」という事実。

近道はなく、まずは「自分メディアをもつこと」
私もしばらくは、ここにフォーカスして、可能性を探ってみたいと思います。

といいつつ、最後にしっかり自分のスタンプも宣伝!
良かったら、買ってやってくださいね(笑)

スクリーンショット 2015-11-10 1.52.36

【LINEスタンプ】売れないと悩んでいる人への突破のヒント

 

CATEGORY :