【LINEスタンプ】はじめて素人が作ったら●時間かかった話

どうも、makです。
昔っからラクガキ描くのが好きだったので、今さらですが、LINEスタンプ作ってみました。

09d

 

いろいろ作った人のネット記事とか見ていると、「9時間で作りましたー」とか「1日で作りましたー」とか書いてたんで、まー1〜2日あればできるかなーと思ってたんですが…

とんでもない!!!

そんなのは、ホントにプロの人ですね。
もしくは素人でも絵を描くのに慣れてる人。

軽い気持ちで手を出したら、えらいことになりました。

 

▼1日目

兎にも角にも、まず何を描こうって話。
そこで、まずは「キャラを何にするか」を考える ことに。

LINEクリエイターズスタンプの人気上位を見ると、クマとかウサギとか動物系が多かったので、描きやすそうなクマに決定。(安易)

愛着を出すため、なんか特徴を加えようと考えた結果、自分のトレードマークであるヒゲをつけるってことで、キャラは完成。

main

 

次は、スタンプのバリエーション。
なにせ、40種類 も作らなくちゃいけない。
日常的に使っているスタンプも、いざ作り手に回ると手が止まる。

「俺、どんなの使ってたっけ?」

そこで、自分がよく使っているスタンプを描き出し、そのシチュエーションで描いていくことに。
ちなみに、ここまですでに3時間。

夜も遅くなるので、1日目はこれで終了。

 

▼2日目

自分のよく使ってるスタンプを描き出してみたものの、実は10個くらいしか使ってないことが判明。
……40個には全然足りないけど、まぁ描きながら考えよう!

・使ったソフト:FireAlpaca ※無料ソフト
・使ったツール:WACOMペンタブレット(CTH-480) ※シリーズで一番安いの

ってことで、作成開始。
LINEスタンプ作成には「規定のサイズ」やら「背景透過」やら決まりがいろいろあるけど、FireAlpacaには、新規画像作成時に「LINEスタンプ」って項目があり、デフォルトで規定のサイズと背景透過を設定してくれるので、超便利!!!

スクリーンショット 2015-09-02 16.56.53

ってわけで、ゴリゴリ描きはじめたものの…これが意外に時間がかかる。

何せ、ペンタブレットで絵を描いて、そのうえ色までつけるなんて、そんなの普段、やってない!!!
なので、何度も何度も描き直し。

「紙に描くみたいには、うまくいかないもんだなぁ」と、試行錯誤でようやく1つ。
なんだかんだ、この日は3個作ったところで終了。

時計を見ると、開始からすでに3時間。
スタンプ1個に1時間の計算か!!!

……これ、40個作るのに、いったいどれだけかかるんだ…!!!

 

▼3日目

そんなこんなでこの日も制作。
少しだけ慣れてきたのか、4時間で7個完成。

…まだまだ先は長い!!!

 

▼4〜5日目

この日は休日だったので、ゴリッと時間を費やして、10時間で20個完成。
30分で1個のペースに。

スタンプも合計30個!!!終わりが見えてきた。

 

▼6日目

2時間で8個完成。
20分で1個のペースになってきたが、ここで問題発覚!!!

「最初のスタンプと絵柄が違う!!!」

マンガでよくある「1巻と最終巻で絵が違う」ってやつがまさか我が身に起きるとは!!!
残り2個の段階で、まさかの問題。

気力も尽きたので、この日はそのまま終了。

 

▼7日目

一晩明けて見たけど、やっぱり絵柄が違う。
でも今さら全部変える気にはなれないので、どうしても目立つものだけ再作成。

2時間を経て、7日目にして、ようやく40個完成!!!

うおおおおーーーっ!!!
長かったっっっ!!!

 

ってわけで、まとめると、こんな感じでした。

▼かかった時間:24時間(のべ7日間)

・キャラ決め:1時間
・バリエーション決め:2時間(10個ほど。あと、やりながら)
・40個スタンプ作成:21時間(残りのバリエーションも考えながら)

 

▼つらかったこと

・40種類のバリエーションが思いつかない
・規定に記載のある「余白設定」を忘れて、何度もリサイズした
・絵柄が安定せず、描き直しが発生した

 

とにもかくにも、完成!!!
スクリーンショット 2015-09-02 19.04.45

 

やってみてやっぱり 一番つらかったのは、40種類のパターンを考えること でした。
途中からだんだん「使えそうなの描こう」から「楽しんで描こう」になり、最後のほうとかは、「これ使い道あるのかよ」って感じになってましたが、もうそのまま申請しちゃったのは、ここだけの秘密です。

 

ちなみに他の人の制作記事見ると、やっぱり 最初にちゃんと企画を固めている 人が多いですね。
最初に40種類出しておけば、描くのはもっと早くなる気がします。
あとは、言葉を入れることでバリエーションを増やす とか。

今の人気スタンプも「言葉入り」が多かったんですが、それだとどうしても販売先が日本に限られるので、今回はあえてイバラの道を選んで「言葉なし」でやってみました。

というわけで、とにもかくにも申請完了!!!
あとは静かに審査結果を待ちたいと思いますが…
このまますんなり販売できるとは思えない予感!!!

次回、審査編、楽しみにお待ちください。


【LINEスタンプ】” 平均5日 ”と言われる審査期間の厳しい現実!
【PC版】LINEスタンプの作り方描き方(初心者向け)
【LINEスタンプ】収入「300円/月!?」副業でどれくらい儲けるか試した結果

 

CATEGORY :