【PC版】LINEスタンプの作り方描き方(初心者向け)

トララ表紙3

最近「LINEスタンプの作り方教えて!」と聞かれることが多いので、自分の作り方をまとめてみました。
もしちょっと「作ってみようかなー」と思っている人の手助けになれば、何よりです。

 

使っているもの(必要な環境)

・PC:Mac Book Air 11inc
・ペンタブレット:Wacom CTH-480 ※シリーズで一番小さくて安いの
・ペイントソフト:FireAlpaca ※フリーソフト

これだけあれば、OKです!

ファイル 2016-02-11 15 35 34

では、さっそく作っていきましょう!!!

 

スタンプ画像の作り方

まずは、FireAlpacaを起動します。
初期画面は、たぶんこんな感じかと。

スクリーンショット 2016-02-11 15.54.52

最初に、キャンバスを作ります。
左上の「ファイル」→「新規作成」

スクリーンショット 2016-02-11 15.56.27

すると「どんなキャンバスを作るか」の画面になるので、
・用紙サイズ:LINEスタンプ
・背景色:透明

スクリーンショット 2016-02-11 16.01.26

これを選ぶと、LINEスタンプ作成に必要な「サイズ」と「背景透過」を 自動で設定 してくれるので 超便利!!!

これでキャンバスができたので、ガリガリ描いていきましょう!

スクリーンショット 2016-02-11 16.07.04

まずは、ペンタイプを選びます。
左上の「ペンマーク」を押し、左下の「ブラシ」でペンのタイプを選択。

スクリーンショット 2016-02-11 16.24.53

ペンタイプは、自分でいろいろ描いてみて、好きなタッチを使うのが良いかと。
タブレットで描くのは最初慣れないかもしれませんが、まぁそこはなんとか慣れで (^_^;)

試しに「クレヨン」でトラを描き描き。
私は最初ペンの太さ「10」で描いていましたが、ちょっとスタンプにした時に太すぎる気がしたので、最近は「5〜10」あたりで描いてます。

スクリーンショット 2016-02-11 16.33.57

では、これに色を塗っていきます。
色はそのままココに塗っていってもいいのですが、直接塗るとスタンプ審査リジェクト理由「塗り忘れ」の原因にもなるので、別のシートを作って 色塗りを。

色塗り用に、新しいシートを作ります。
左上の「レイヤー」から「追加」を選択。

スクリーンショット 2016-02-11 16.54.14

すると右下に新しいレイヤーができますので、この新レイヤーに色を塗っていきます。
ちなみに「レイヤー」っていう概念は、絵を重ねている感じをイメージしていただけると。
レイヤーの順番が、そのまま表示の優先順位になっているので、線画レイヤーを上に。

スクリーンショット 2016-02-11 16.56.03

色塗りは「バケツツール」でドバっと塗っていってもいいんですが…

スクリーンショット 2016-02-11 17.06.15

↑こんな風に、線のまわりに塗り忘れがたくさん発生しますので、細かくペンツールで塗りつぶしていきます。
私はペンツールの「マーカー」、太さ「20」で塗り塗り。

できた!と思っても、細かい部分の塗り忘れチェック!!!
強烈な色のレイヤーを作り、背景にすることで、塗り忘れ=透過箇所がないかをチェック。

スクリーンショット 2016-02-11 17.26.22

↑塗り忘れがあると、こんな感じで背景色が見えてしまいます。
右上の「ナビゲーション」にある虫眼鏡のアイコン「拡大」を使ったりして、細かく塗り塗り。

背景レイヤーを削除して…絵の完成です!!!

スクリーンショット 2016-02-11 17.18.14

あとは、絵の大きさを調整して終わりなのですが、ここで一回ファイルを保存します。
というのも、大きさ調整のためにこの後「すべてのレイヤーを統合」するのですが、統合してしまうと、あとで修正が必要な時に大変になるので、レイヤーがバラけているこの段階で、いったん保存ください。

「ファイル」→「名前をつけて保存」
※mdpファイルのままで!

スクリーンショット 2016-02-11 22.41.39

保存が終わったら、最後の工程、余白づくり=大きさの調整です。
LINEスタンプのガイドラインに「上下左右、枠線より10pxスペースが必要」とあるので、最後に調整します。

大きさの調整は「command」+「 T 」で簡単にできるのですが、変更がレイヤーごとにしか適用されないので、まずはレイヤーを統合。

「レイヤー」→「全てのレイヤーを統合」

スクリーンショット 2016-02-11 22.35.10

統合後、「command」+「 T 」で画像を選択すると、まわりに枠線が出現。
枠線の角にポインタを合わせると、ポインタが「+」に変化するので、そこで大きさを変更。

スクリーンショット 2016-02-11 23.06.37

実は「余白10px」がどれくらいかよくわかってないので、自分は背景の灰色四角1.5つ分以上、余白を開けています。

スクリーンショット 2016-02-11 23.09.15

調整終われば、完成!

スクリーンショット 2016-02-11 23.13.33

「ファイル」→「名前をつけて保存」、保存形式をLINEスタンプ規定の「png」で保存。

スクリーンショット 2016-02-11 23.19.17

保存設定を聞かれるので、「透過PNG」を選択。

スクリーンショット 2016-02-11 23.17.14
せっかくなので、できたスタンプは、LINEスタンプシュミレーターとかで、実際のでき具合を確認してみましょう。
(※2/29よりLINEスタンプ「マイページ」内でもシミュレーターがリリースされましたのでそちらも!)

はじめて作った時は、なぜかここでテンション上がりました。
おおお!できてる!!!

スクリーンショット 2016-02-11 23.21.59

これで1個完成!!!
申請には全部で42個の画像が必要なので、同じように残りを作っていきます。

 

必要な画像「42個」

・スタンプ画像:40個( W370 ✕ H320 pixel 以下 )
・メイン画像:1個( W240 ✕ H240 pixel 以下 )
・タブ画像:1個( W96 ✕ H74 pixel 以下 )

メイン画像とタブ画像は大きさ( pixel 数)が違うので、新規作成時に幅と高さを指定して、キャンバスを作ればOK。(タブ画像はめっちゃ小さいです)

 

かかる時間は?

私が最初作った時は、1個作るのに1時間くらいかかりました。
少しずつ慣れてきてスピードアップしても、20〜30分で1個くらい。

結局毎日ちょっとずつ作っていって、1週間くらいかかった感じです。
時間にして合計24時間くらいだったので、集中すれば3日間くらいでできちゃうかも。

※実際の体験談はコチラ↓
【LINEスタンプ】はじめて素人が作ったら●時間かかった話

 

まとめ

ダーっと作り方をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
正直、けっこう大変ですが、そのぶん、自分のスタンプが発売開始した時の喜びはひとしおです。

今回はPC版でしたが、スタンプクリエイター仲間の「おかみー」さんは 全部スマホだけで 作っていますので、今度作り方を聞いて、スマホ版もまとめてみたいと思います。

【スマホだけで】LINEスタンプの作り方描き方(初心者向け)

最後に!私の作ったスタンプも参考までにご紹介!

test2

もしココ見ながら作りました!って方がいれば、買いにいきますのでぜひ教えてくださいね!
うまく販売開始すること、お祈りしています!!!

>参考記事
【LINEスタンプ】はじめて素人が作ったら●時間かかった話
【LINEスタンプ】” 平均5日 ”と言われる審査期間の厳しい現実!
【LINEスタンプ】収入どれくらい?販売開始から2ヶ月目の売上公開!

 

CATEGORY :