体験を価値に変えた魔法のことば!

 

「うらやましいですよ。だって誰よりも早く楽しめてるじゃないですか」

ふと飛び込んできた言葉に、度肝を抜かれた。

とある携帯ショップのカリスマ店員が言った言葉だ。

 

ある日の家電量販店。

ケータイ販売コーナーで新機種を見ていると、烈火のごとくに言葉を荒らげる客がひとり。

耳に入ってくる言葉を整理すると、先週買った新機種が今見ると値下がりしていたので、

差分を返してほしいと言っているようだ。

 

肉でも野菜でも翌日の価格が違うことが当たり前のこの世界。

いったい何を言っているんだ?と思って見てたら、

奥から出てきたベテラン店員。

その彼が言った言葉がそれだった。

「うらやましいですよ。だって誰よりも早く楽しめてるじゃないですか」

 

瞬間、お客の顔が緩んだのを見逃さない。

さらに続けるカリスマ店員。

「だって私もほしいですもん。」

「それをいち早く手にできるって、ホントうらやましいです。」

 

何がすごいってその店員、たった一言で、お客様に

「差額分の満足度を与えてしまった」んです。

「損をした!」という感情を、「得をした!」に変えてしまうという魔法。

これぞまさに接客の妙技!!!

思わず私も口から「すげぇ」が漏れてしまってました。

 

価格が下がってから買ってたのでは、「周りの人のうらやましい」は得られなかった。

その体験をお客様に認識してもらうだけで、いち早く手にしたという価値を感じていただく。

相手の心理を知った上での見事な接客です。

 

お客様が満足して帰った後、それが自然であるかのように、

私もその店員からケータイを購入しました。

「お客様、今買うのが一番おトクです」

「来週には値下がりするかもしれませんが、今日買うと、その分長く楽しめますよ」