追記:カメラレンズ「SEL24F18Z」を使ってみて

どうも、@makです。
先日買ったカメラレンズ「SEL24F18Z」がどうにも良いので、ちょっとだけ追記を。

使ってさらに嬉しかった点

前回は、明るさとか接写とかマニュアルフォーカスでのピント合わせに感動してましたが、動く対象を撮る時は、当然そんなクリクリとピントを合わせている暇なんてなく!

オートフォーカスにしてバシバシ撮ってみたんですが、いやー、明るいレンズっていいですね。

何がいいって、ある程度光量あるとこでは、シャッター速度を上げれる のがホントに嬉しく!
今までは、室内で動きまわる子供とか撮ると今までブレブレだったのが、SEL24F18Zで撮るとあら不思議!

手ブレ写真が減って、パキッとした写真が増える ようになりました!
(あ、子供は載せちゃダメって言われたので、代わりにうちのペット、ダムダム人を)
ファイル 2016-05-22 10 59 31「おい、動かねーから意味ねーよッッ!!!」という声が聞こえてそうですが、まぁ、雰囲気ということで。

実際、今までは「開放F値が3.5から1.8に!」ってその数字上の恩恵がどの程度のものかよくわからなかったんですが、今までの標準レンズではシャッタースピード1/80〜1/120くらいだったのが、同じ明るさを保ちつつ、160、200とシャッタースピードを上げれるところに感動。

コレ、本当に室内で動きまわる子供やペット撮影までいけそうです。

 

逆にちょっと「慣れない」とこ

ホントに満足なレンズなんですが、一個だけ不満点を挙げるとすれば、焦点距離が「24mm」ってこと。
今までの標準セットレンズが「ズーム機能付き」だったせいか、フレームに収まる写真を撮るには、近づいたり離れたり 忙しくなっちゃいました。

たとえば、全体感ある写真を撮ろうとした場合。
フレーム内に収めるには、今までと比べてちょっと離れなくちゃいけなくなりました。

たとえば、ちょっと遠くの写真。
人を中心に撮るには、ちょっと近づかなくちゃいけなくなりました。

そうなんです、単焦点レンズなんで、最適距離を探すには、自分が動かなくちゃいけないんです!!!
まー慣れるまでだったんですが、結婚式みたいに、被写体までの距離が変わりまくって、何より失敗できないイベント時は、慣れたズームレンズに戻しちゃってました(笑)

まぁ、レンズを自由に取り替えれるのがミラーレスのウリでもあるので、これが正しい使い方なのかもしれませんね!!!

 

何より、撮った写真がホントに段違い!!!
素人でもその良さがわかる写真が取れるのが、SEL24F18Z。

迷っている人のご参考になれば、です !!!
tab

 

Ama_bn_sel24F18

 

>関連記事
※ 神レンズ「SEL24F18Z」に決めた理由と使ってみた感想
※ 自宅用に買ったオフィスチェアのご紹介
※ デスクワークのためのスタンドライトって?
買って良かったモノ、そうでなかったモノ(2016年冬〜春)