指疲れにはコレ!スマホが持ちやすくなるリング「iRing」

どうも、@makです。
先日、腱鞘炎の兆候が見えたので、予防の一環として「スマホリング」買いました。

使ってみてわかったんですが、コレ、相当便利すぎてヤバいアイテムです。
どうしてスマホリングを選んだのか、そしてどこがオススメポイントなのか、買ってよかった点、ご紹介します。

 

スマホリングって !?

「スマホの裏側に貼り付けたリングに指を通してスマホを支える」というアイテムです。

写真 2016-05-29 18 21 36こんな感じに、スマホの裏側にペターっと貼り付けます。

写真 2016-05-30 6 42 19

本来は、スマホに直接もしくはハードカバーの上に貼り付けるものらしーのですが、自分はシリコンカバーの上にペタリ。
吸着力が落ちるのでは…とか言われてましたが、ピタッとくっついてるので、まー今のとこ問題なさそーです。(逆に外すとき苦労しそう。まーカバーなのでいいけど。)

 

なんでスマホリングにしたの?

先日、腱鞘炎の兆候が見えた際、自分のスマホの持ち方が指に負担をかけてると気づいたためです。
それでもっと楽にスマホを持てるよう、スマホリングを試してみることにしました。

ファイル 2016-05-29 22 51 09

※スマホを中指と薬指で挟み、下から小指で支えるの図。(コレがマズかった)

 

なんで「iRing」にしたの?

決め手は「マット感」「リング軸の固さ」です。
他にも バンカーリング とかいろいろ種類があったんだけど、単純に「ツヤツヤしてるのは指紋が付きそう」だったので止めたのと、「リング軸が固いほうが安定感があった」ってだけの話。
意外とシンプルですが、自分にとっては大事な要素。
ということで、それらを満たす「iRIng」に決定。

写真 2016-05-30 6 25 07

 

取り付ける時に迷ったこと

まず迷ったのは、「リングに通す指はどの指なのか」問題。
中指なのか、薬指なのか、人差し指なのか。

くっつける前に通してみて、一番しっくりきた「中指」に決定。
人によっては、薬指もいるらしいっすね。
アンケートとか取ると面白そうっす。

そしてもう一つ迷ったのは、取り付け場所。
ど真ん中なのか、ちょっと下なのか。

これもくっつけた場合を想定して持ってみて、一番しっくりきた「ちょっと下」に決定。
ど真ん中も迷ったけど、決め手はホームボタンの押しやすさ。

写真 2016-05-30 6 40 24

この状態でしっくり来る場所ということで、ちょっと下に貼り付けを。
ちなみに、Androidの人は「FeliCaマーク」の上に貼ってしまうと、反応鈍くなってしまうとか。
機種によっては、ご注意を。

 

つけてみて、便利なこと

やっぱりなんといっても、そのホールド感。
指に力を入れなくても「落ちない」という安心感。
腱鞘炎予防のためにも、これは相当良さそうです。

写真 2016-05-30 6 40 44

思わぬところで便利だったのが、カメラ撮影時。
付ける前よりしっかり持てるようになりました。

写真 2016-05-30 6 53 49

さらには、タイマー撮影時。
三脚なしでも立つようになったのは、嬉しい誤算。

写真 2016-05-30 6 49 09写真 2016-05-30 6 49 19

ということで、当初は腱鞘炎対策で買ったスマホリングでしたが、カメラの幅が広がるなど、副次的なメリットもあり。
とはいえ厚みが出たり、見た目のインパクトがあったりとかで、結構好き好み分かれそうですが、こだわりなければ、ぜひオススメしたいアイテムです。

意外と将来はトレンドになっているかも?
よろしければ、ぜひお試しください。

Ama_bn_iring

あ、自分が買ったのは「1,800〜1,900円」くらいのモノでしたが、この商品、ニセモノがめっちゃ横行してるらしーので、お気をつけを。

 

>関連記事
スマホやパソコンによる腱鞘炎の治し方と予防法!
買って良かったモノ、そうでなかったモノ(2016年冬〜春)
※ 神レンズ「SEL24F18Z」に決めた理由と使ってみた感想

自宅用に買ったオフィスチェアのご紹介
※ デスクワークのためのスタンドライトって?