考えることまでスマホに任せてしまってないか。

考えるる

あー、今日ブログ、何書こう。

最近ふと頭に浮かぶ言葉です。

2月から書く筋肉つけるために更新頻度をあげよーと誓いましたが、そーすると困ってくるのが、その書くネタ。
やっぱふつーの人間には、そんな毎日事件なんか起こんないっすね。

youtuberみたいにネット芸人みたいな毎日送ってれば別でしょーけど。
(ってか、毎日あんなネタ更新できる人、ほんとすげーと思います)

んで結局そんな時は何やるかって、ネタない時の、ネタ探し。
膨大なネットの海へのダイブ。

そーすると、結局アレになるんすよね。
アレってそう、片付けの時のアルバム見つけちゃった時のよーなやつ。

いつの間にかいろんな記事眺めているうちに、どんどん時間経っていっちゃってるってやつ。
んで、なんにも書けてないのに、なんか満足しちゃってる感じのやつ。

そんで、「んあー!!! 結局何も書けてないやんーーー!!!」
ってなって、一回リセットするために、お風呂に入る毎日。

そーすると不思議なもんすね。
お風呂で湯船に使ってると、なぜか湧き出るブログネタ。

あと、駅まで歩いてる途中。
子どもたちのいる公園なんか眺めながら、ふと太陽の下を歩いてると、なぜか頭に浮かんでくる言葉たち。

探してるときには出てこないのに、なんでだろーって思ってたんですが、最近ふと気づいちゃいました。

「あ、ネタ思い浮かぶのって、ネット見てないときだ。」

これって実は怖いことで、おそれながら、一個の仮説を立ててみました。
もしかすると、最近考えることを放棄しちゃってたんじゃないかという仮説。

実は、ネットを見てるときは、脳はインプットに夢中で、知識を蓄えているだけ。
そんで脳は、考えなくても知識が増えるので、実はそれに慣れてしまってたんじゃないかということ。

言い換えると、「考えることまでスマホに任せてしまってたんじゃないか」という恐怖。

そりゃーネタなんか思いつかないわけですよ。
だって考えるってこと、放棄しちゃってますもん。

こりゃーもう書く筋肉つける前に考えるクセをつけないと、脳がどんどん楽してしまう。退化しちゃう。

これに気づいてから、最近は、考える時間を取ることにしました。
いわゆる、スマホから離れる時間。

移動時間、お風呂、トイレ。
ついつい手元に持ちそうになるスマホをポッケに戻し、ふと意識を脳に向ける。

深い深い、脳へのダイブ。
そこから沸き立つ言葉たち。

あー、先日「子供にはスマホじゃなくて考える力を与えるべきだ」なんて言ってましたが、とんでもない。
子供より前に、まずは自分に必要だったという話。

これが、便利になった世の中の功罪でしょうか。
わからないことは、スマホで検索。
すぐに答えてくれるgoogleさん。yahoo!さん。
判断に迷ったら、誰かのレビュー。ブログ。twitter。

でも、まだ誰も経験してないことは?
検索に出てこないものは?

その時に、自分の脳は考えて答えを出せるのか。

便利ではありますが、便利なあまり、考えることまでスマホに任せてしまってないか。
もう一度肝に銘じ、これからも考えるクセ、つけていきたいと思います。